私が私に帰るまで

私が私を、あなたがあなたを、思い出すためのブログ

決めたことで、豊かになったこと

2年前に小麦アレルギーだと判明してから、麦を使ったものを口にしない生活をしています。

 

パンやうどん、パスタや揚げ物、クッキーなどのお菓子…

それらを食べないなんて昔の私では考えられなかったけれど、意外と大丈夫なのだなぁと感じています。

 

ときには、焼きたてのパンの香りに、いいなぁ食べたいなぁと思うことはあるけれど、

「小麦のものを食べない」

と決めたことで、豊かになった部分もたくさんあります。

 

・小麦を使わなくても、代替のものでパンやパスタを作れるようになったこと

・家族やパートナーや友人が私の体調を気づかい、小麦を使っていない食べ物を見つけてきてくれること、そんなみんなを通してやさしさを今まで以上に感じること

グルテンフリーのおいしいお店をたくさん知れたこと、それらのお店にパートナーと一緒に行くことが楽しみの1つになったこと

・肌に潤いが戻ったことで、ゆらぎがなくなったこと

 

「小麦が食べられないなんてどうやって過ごしていこう…」という不安は私の中でできた幻想でした。

世界は小麦アレルギーの人にもやさしかったのです(^^)

 

小麦を食べない私は、今日も世界の豊かさを感じて過ごしています。

 

f:id:yuuka95:20161201211159j:image

(写真は会社の近くのグルテンフリーカフェで食べたキビのワッフルです)

 

 

もし仮に分かっていたら

 

「もし仮に分かっていたら、どうしたいですか」

 

これ、魔法の質問だなあとつくづく感じています。

 

Aにしようか、Bにしようか…
会社を辞めようか、続けようか…
ニットを着ようか、ブラウスを着ようか…
お風呂に入ろうか、ご飯を食べようか…
ヨーグルトにしようか、ゼリーにしようか…

 

大きいと感じられる悩みにも、小さいと感じられる悩みにも、
どうしたいか分からない〜〜と迷ったとき、心に聞いてみるようにしています。

 

「もし仮に分かっていたら、私はどうしたいですか」

 

今の今まで自分の中にあった迷いがすっと消えて、
泡のようにぽわぽわっと、ときに波のように力強く、
自分の心から答えが湧いてくるのです。

 

答えはいつも自分の中にあると教えてくれる魔法の言葉。

「もし仮に分かっていたら、私は(あなたは)どうしたいですか」

 

今日も目をつむって深呼吸ーーやさしい1日になりますよう(^^)

世界に自分を表現しようーー

9月から月に一度鹿児島に行き、ライフコーチングを学んでいます。

鹿児島に行き、豊かな自然と温泉に癒され、仲間とともにライフコーチングを学ぶーーそんな日々に心から満足しています。

 

先日その第3回目があり、私自身過去にTwitterへの投稿を「怪しい」と批判されたときから、自己表現を避けていたのだということにあらためて気がつきました。
本当は表現したいのに、です。

 

批判を「わたくしごと」に受け取ってしまった当時の私はとても傷ついてしまったけれど、
今はその考えはあくまで相手の意見であって、
「わたくしごと」として受け取る必要はないこと、
そして、
私の表現を歓迎し祝福してくれる仲間や愛するパートナーがいることに目を向けられるようになりました。

 

世界の豊かさにフォーカスするとは、まさにこのことなのでしょうか(^^)

 

今日の東京は、澄んだ青空が広がっています。いい天気です。

世界は今日もあたたかくやさしい

世界からうけとったいつくしみを次の誰かに伝えたいーーそのための練習として、ブログをはじめました。

 
私は昔から
「何もできない自分では、世間に受け入れられない」
という恐怖心を抱いていました。
 
「勉強や仕事のできない自分は、私ではない」
とも、思っていました。
 
そんな私が最近、少しずつですが世界からの愛をまっすぐに感じ、
そして、
「何もできない自分でも、愛される私でいていいのだ」
と、気づけるようになりました。
 
自分が愛されることを許せるようになると、
世界がとてもやさしいものになりました。
 
そんな世界のやさしさを、
世界はやさしいものだよと教えてくれたいつくしみを、
このブログを通して、次の誰かに伝えられたらいいなと思っています。
 
…そんなことを書きながら、
これを読んだ人がどう思うかなという恐怖も感じている私…
まだまだ世界のやさしさを信じ切れていないのぅ(笑)
 
それでも、世界は今日もあたたかくやさしいということを信じ続けたい。
 
信じ、続けるぞう!