私が私に帰るまで

私が私を、あなたがあなたを、思い出すためのブログ

表現できるのは今の私の姿だけだから

「5分だけでも」と1日の終わりに触れているギター。夜な夜な練習中であります。 まだまだ曲を弾けるようになるには程遠いけれど。私に表現できるのは今の私の姿だけと、不恰好な音と共に弾ける喜びを噛み締めています。 仕事が変わり、めまぐるしく過ごす日…

こんなこと書いたら嫌われるんじゃないかという恐怖

ブログを書き始めてから一年が経ちました。 自分の内面と向き合いそれを表現するーー今ではだいぶ慣れましたが、初めはそれはもう目の前にドンっと何体ものドッスンが現れたような(マリオに出てくる青いあれです)、うぅ……という苦しさと「これを越えるの?…

自分を癒すことができれば世界は一人分幸福になる

友人のLIVEで素敵なひと時を過ごした日曜日の午後。 メンバー一人ひとりが歌い手としてのこだわりや思いを大切にすることを目的として結成されたヴォーカルグループということもあって、聞こえてくる声がどれも素晴らしい。 特に印象的だったのは(たしかイ…

そして、支払いは自分ですること

先日、久しぶりに『女性のための十二戒』を目にしました。 ココ・シャネルのライバルと言われたデザイナー、エルザ・スキャパレリが残したこの言葉。友人がFacebookへ投稿してくれていたのを機会に、大学の授業ぶりにあらためて拝読。 1 自分自身を知らない…

言っておくれ、愛しているとーー愛されたい叫びに耳を傾ける

先日、劇団四季の『ライオンキング』を観てきました。 王様の子シンバが苦難を乗り越えて本物の王へ成長していく物語ーーと、いうとなんだかどこかで目にしたことのあるような印象ですが、そこには深くあたたかな愛と、悲しみのような叫びが描かれているんで…

明日も「私らしく」生きようっと

「あなたらしくね」 新卒で入社した会社の社長が会うたびにそう声をかけてくれていました。 社長が私を見かけて、いつも声をかけてくれていたやさしさーーそれに触れては、私らしく過ごせていない自分に悔しさやもどかしさ、時には怒りさえ感じていたのでし…

心を折らないために自分が変わる、変えられるものを変えるという叡智を

今日は満月から一日分、新月に向かった月だそうです。少し、右側が欠けているでしょうか。 月の満ち欠けーー 昨日の満月が見たかったなと思ってもそれを見ることができないのと同じように、生きていればできること、できないことーー言葉を換えれば、変えら…

世界が安心で安全な場所だとしたら

先日、劇団四季で上演中の『ノートルダムの鐘』を観てきました。 カーテンコールはオールスタンディング。感慨深い時間でした。 生まれつき背中に大きなこぶを背負った自分の醜さを信じて疑わないカジモド。正義を剣のように振りかざすカジモドの育て親、大…

あなたは幸せになることができます

少しずつ慣れてきて、疲れの溜まった仕事の帰り道。ふぅと一息ついて広げた本のページから目に入ってきた一節をご紹介します。 必要な人に届きますように。 ・・・・・・ 「まるで子供が成長して服が小さくなるように、あなたがオレンジレッスンで新しく選ん…

「その時になったら分かる」という安心の中に生きよう

「子供のころ、どうして焼肉屋さんでお肉じゃなくて野菜を頼むのか分からなかったけれど、むしろ今は野菜も食べたいなって思うから不思議だよねぇ」 そんなことを話しながら、焼肉としゃぶしゃぶ、両方食べられるお店にてパートナーとお鍋をつつくーー 子ど…

今、会える喜び

2016年の末、祖母の家にみかんを取りに行きました。 毎年恒例のみかん狩り。離れたところに住む祖母に家族みんなで会える大切な時間です。 祖母は歳を重ねて、同じ話を繰り返すこともちらほら。 その中でもよく繰り返していたのは、「来年もみかんを取りにみ…

世界は今日もあたたかくやさしい

世界からうけとったいつくしみを次の誰かに伝えたいーーそのための練習として、ブログをはじめました。 私は昔から 「何もできない自分では、世間に受け入れられない」 という恐怖心を抱いていました。 「勉強や仕事のできない自分は、私ではない」 とも、思…