読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が私に帰るまで

私が私を、あなたがあなたを、思い出すためのブログ

「その時になったら分かる」という安心の中に生きよう

「子供のころ、どうして焼肉屋さんでお肉じゃなくて野菜を頼むのか分からなかったけれど、むしろ今は野菜も食べたいなって思うから不思議だよねぇ」

 

そんなことを話しながら、焼肉としゃぶしゃぶ、両方食べられるお店にてパートナーとお鍋をつつくーー

 

子どものころには分からなかったけれど、大人になったら分かったこと、たくさんあると思います。

 

どうして大人は食事のときに温かい飲み物を飲むのか
どうして大人は歩きづらそうなハイヒールを履くのか
どうして大人はコーヒーをおいしいというのか…

 

子どものころに分からなかったことも、気づいたら分かるようになっている。
それが自然な流れなのだと思います。

 

そしてそれはきっと、

子どものころの分からなかったことだけではなく、大人になってからの分からないことも同じで、


いつか気づいたら、その時がきたら、

分からないことも分かるのだと思います。

 

だから、子どものころと同じように、
分からないことはふわっと分からないままにして、
「その時になったら分かる」
という安心の中で生きよう。

 

分からないことを恐怖に感じ、なんとかして分かりたいと焦り、分からない対象に対して感じる怒りを少し置いておいて、
いつか分かるからと安心しよう。

 

分からなくても大丈夫。
いつか分かるから。

 

いつまでも分からなくても大丈夫。

子どものころ、大人がコーヒーをおいしいと言う理由が分からなくても何にも起こらなかったのと同じで、
分からないままでも、何も起きないから。

 

分からないことが怖く感じたら、
ふーっと深呼吸して、自分に呟いてあげたいと思います。

 

分からなくても、大丈夫だよって(^^)

f:id:yuuka95:20170313211417j:image